完治するのが難しいと言われている手汗ですが、呼吸法で手汗がおさまるというのは本当なのでしょうか?もし、本当だとしたら、その仕組みはどんな風になっているのでしょう?手汗を含む多汗症の人には、極度に緊張状態になってしまう傾向がある人が多いと言われています。特に、多汗症の中でも手汗が酷いという人は、そういう傾向が強いと言われています。それは主に、自律神経が関係していることが多いのですが、この自律神経に因る緊張状態を緩和するのに呼吸法が有効なのです。例えば、興奮しているときに、「ちょっと深呼吸して」といって落ち着かせることがあるように、呼吸によって気持ちを落ち着かせる効果が得られるのです。手汗の原因の多くは、緊張しやすさが原因となっているので、その緊張を解すことが手汗を防ぐために有効であることはご理解いただけると思います。交感神経の刺激による緊張状態は、なかなか自分でコントロールして解すのも難しいのですが、呼吸を整えることによってある程度抑えることは可能になってきます。緊張状態の時には呼吸が浅くなっていることも多いため、自分で意識して呼吸を整えることによって、気持ちをリラックス状態に持っていくことも出来るのです。日頃から意識して呼吸を整える訓練をしていれば、緊張状態に陥ったときにも慌てること無く、呼吸を整えて手汗を防ぐことが出来るようになりますー